セブン銀行カードローン審査基準 キャッシングはいつから使える?在籍確認の電話なしに審査できるのか

セブン銀行カードローン審査基準 キャッシングはいつから使える?在籍確認の電話なしに審査できるのか

セブン銀行カードローン審査基準 キャッシングはいつから使える?在籍確認の電話なしに審査できるのか

セブン銀行カードローン審査基準 キャッシングはいつから使える?在籍確認の電話なしに審査できるのか

 

コンビニ系列の銀行であるセブン銀行では、便利なカードローンを利用できます。

 

原則的にセブン銀行に口座がある方を対象としているサービスだから、まだ口座がない方は口座開設の手続きも追加されるので注意しましょう。

 

口座開設には平均1週間ほどかかり、キャッシュカードが手元に届いた時点でカードローンの審査を通っていたら最寄りのATMなどでキャッシングを利用できます。

 

手軽なコンビニのイメージがありますが、審査そのものは一般的な金融機関と同じように厳格に行われるので要注意です。

 

銀行は総量規制の対象外で、セブン銀行カードローン審査では登録した連絡先や勤務先への在籍確認は原則的に行われます。

 

金融庁が厳しくなったので、100%在籍確認はあるといっていいでしょう。

 

 

 

当サイトおすすめ 職場連絡の電話に融通が利く消費者金融

 

 

・オペレーターに相談で勤務先連絡なしで審査
※ご希望に添えない場合もあります。
・プロミス金利 4.5%−17.8%
・アドレス登録と、WEB明細利用で30日無利息
・借り入れ3秒診断
・来店不要、即日融資も可能

 

プロミス

 

 

プロミス職場連絡 詳細情報

 

 

 

・SMBCモビット金利3.0−18.0%
・SMBCモビットWEB完結で書類なし、職場電話なし
・10秒簡易審査
・来店不要即日融資
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットWEB完結で職場電話なしキャッシング

 

 

 

・アイフルの金利 4.5%−18.0%
・1000円から借り入れ可能で最高500万円まで借り入れ可能
・審査最短30分完了
・来店不要、即日融資可能で審査可能。
・お金借り入れ手続きはネット完結
・提携銀行 セブン銀行、イオン銀行、三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、ローソンATM、E−net、親和銀行、福岡銀行、熊本銀行

 

 

アイフル職場連絡情報はこちら

 

 

審査した人物について実施する必要があると判断した場合にはその限りではないので、必ず在籍確認を省けるとは限らないのが現状です。

 

セブン銀行では個人の属性に関わらず、3種類の利用限度額の中から選ぶ仕組みになっています。

 

増額の申し込みについては利用開始から2ヶ月ぐらいが経過した時から可能で、その時点での利用実績を考慮して改めて審査が実施されるのが特徴です。

 

新規と増額の審査申し込みでは、保証会社の審査も並行して進められます。

 

銀行のキャッシングでよくある構図で、個人への少額融資に強い消費者金融を保証会社にしています。

 

仮にセブン銀行の審査が通っても、保証会社の審査で落ちたらカードローンの利用はできません。

 

万が一、借りたお金を約束した期日に返せなかった場合は、保証会社が立て替えた後に本人に請求をする流れです。

 

審査落ちしないための秘訣は、審査申し込みの手続きをきちんと完了させることです。

 

本人確認の書類を指定されたもので済ませるだけではなく、有効期限内で住所などの必要な個人情報が読めることも大切になります。

 

オンラインでアップロードする場合は、セブン銀行のホームページで説明している注意事項をしっかり守りましょう。

 

当たり前の話ではありますが、意外に適当に撮影して送信する方がよく見られます。

 

審査の担当者の心証を悪くしないためにも、丁寧に必要書類を準備するのがマナーです。

 

撮影した画像を送信する時には、くれぐれも画像を加工しないように気をつけましょう。

 

お金を貸すことは、常に貸倒れになるリスクを抱えています。

 

元本と利息を2つとも回収できて初めて利益になるので、初回利用者の審査は慎重に行うのが普通です。

 

特に保証人と担保のどちらも必要ないキャッシングでは、約束を守ってくれる人間性が大きな意味を持ちます。

 

セブン銀行カードローン審査は実質的に保証会社である消費者金融の審査だから、独自の観点で入念にチェックされます。

 

よくあるミスが住所などの個人情報が申請した本人確認の書類と異なっていることで、一部が違っているだけでも審査に影響するので必ず完全に一致させましょう。

 

審査が通りやすいのは、やはり利用限度額で最小の10万円を選択することです。

 

高額の利用限度額で申し込んだが、審査結果で減額されるケースもあります。

 

審査申し込みをする時にはどの利用限度額を選ぶのかは自由であるものの、実際に利用できるのは審査で認められた金額が上限です。

 

他の返済や支払いに充てるつもりで申し込む方は、審査を通っても希望通りの利用限度額になるとは限らない点に注意する必要があります。

 

すでに他の金融機関でお金を借りているケースでは、キャッシングの返済能力で信頼性に欠けると判断される可能性が高いです。

 

セブン銀行カードローンは利用限度額の範囲内で自由にお金を借りられるカードローンです。

 

金策をする自転車操業を防ぐために、審査申し込みの時点で複数の金融機関と契約している方について厳しい目でチェックする場合が多く見られます。

 

もしも自分の収入に対して返済するべき金額が増えすぎているのならば、新たにカードローンを申し込むよりも債務整理に強い弁護士に相談しましょう。

 

早めに法律のプロに相談することで、自分にとって最適な方法で借金を整理できます。

 

無事にセブン銀行のカードローンが使えるようになったら、契約手続完了の連絡がメールなどで届きます。

 

セブン銀行のキャッシュカードが使えるATMかダイレクトバンキングサービスでお金を借りられるので、さっそく利用してみましょう。

 

審査結果の連絡と契約手続完了のお知らせは異なるので、焦らずにキャッシングができるタイミングを待つのがコツです。

 

日本全国に展開しているコンビニに設置されているATMは便利で、いつでもどこでも気軽に現金を用意できます。

 

セブン銀行のホームページで公開されている審査に関する具体的な基準は、年齢が満20歳から満70歳未満であることです。

 

永住者の外国人については有人の店舗で一部の手続きをするので、通常の審査より時間がかかります。

 

予めセブン銀行の口座を作っておくと審査の時間を大幅に短縮できるため、一度検討してみましょう。

 

過去に滞納したことがなく基本的な条件を満たしていれば、セブン銀行カードローンの審査を通る可能性があります。

 

→ 結婚式などお金がいるときに役立つ ウエディングローン

 

 

銀行カードローンの在籍確認情報は 審査が不安だけどゆるい銀行キャッシングはある?

 

審査が緩い銀行としてセブン銀行が挙げられます。

 

セブン銀行は比較的に審査に通過しやすいこと、また在籍確認がないというメリットがあるため利用者の多くがパートアルバイトや専業主婦などの非正規従業員が占めています。

 

実際にはアルバイトが審査に通りにくいことを踏まえると、セブン銀行は多くの利用者が利用することができるカードローンということがいえます。

 

比較的審査に厳しいみずほ銀行や三井住友銀行は、主婦の方であれば旦那様の安定した収入が求められます。

 

セブン銀行は年収200万未満の独身アルバイトの方であっても利用することが可能です。

 

しかし年収200万円未満の方である場合、他社からの借り入れがあれば審査に落とされる確率は非常に高いです。

 

セブン銀行の審査を受ける前に今現在の時点で他社からの借り入れがないかどうかをしっかり把握しておくことが重要です。

 

比較的審査通過が幅広い職種に対応しているセブン銀行ですが、どの金融機関でも必ず審査をされるポイントがいくつかあります。

 

それは個人信用情報について3つのポイントがあり、それに該当してしまうとブラック状態であると判断されてしまいます。

 

セブン銀行だけではなくどの大手金融機関の審査にも通過することができないという状態に陥ってしまうため、注意が必要です。

 

まず一つ目は5年以内に各種ローンやクレジットカード、携帯電話料金などの支払いを3か月以上停滞していたり、強制解約処分を受けたりしているということ。

 

また5年から10年以内に債務整理を行っているかということは確認されます。

 

こうした場合中小金融機関をあたるか、もしくは借り入れをすることができないという選択肢をとることになります。

 

個人の信用情報が確認される理由として、返済能力があるかどうかを見極めるためであるといえます。

 

逆に信用情報に問題があるにもかかわらず無条件に貸し付けを行う業者は危険であると判断しなければなりません。

 

過去の返済遅延や債務整理を行った形跡をきちんと確認する業者であれば借り入れをする側も安心感があります。

 

つまり審査を行う前にまずは自分の信用情報がどのようであるかということをきちんと確かめておくことが賢明です。

 

実際に銀行カードローンと比較すると、消費者金融のカードローンは審査が低くなっており、緩い審査を希望するのであれば消費者金融のカードローンがお勧めといえるでしょう。

 

しかし実際に利用する際に使い勝手がよくなければ不利益を被る可能性もあるため、どの消費者金融がよいか事前に金利などを確認しておくことが大切です。

 

実際にはダイレクトワン、アコム、レディースアイフル中央リーテル、英和、キャネット、セントラルという機関は、大手の金融機関と比較すると審査基準は低いです。

 

しかし審査が緩い分、金利が高く設定されていることを十分に考慮した上で利用しなければなりません。

 

金利が高ければ高いほど利用者は利息を多くつけられるため、金利が低い機関と比べるとデメリットがあります。

 

しかし金利が高いことによって返済不能になった場合であっても、消費者金融はそれまでのもらっていた多額の利息により損失を賄うというシステムがあります。

 

これにより返済不能が考えられる人物であっても借り入れを提供することが可能であるということが理解できます。

 

つまり、金利が低ければ消費者金融が経済的不利益を被る可能性があるため、審査を強め、確実にかつ継続的に返済を行える人を選んでいるということになります。

 

また、コツとしては審査に申し込む時期も重要で、特に1月、2月頃に申し込むことで審査が緩くなるということもあります。

 

これは3月までに消費者金融が決済を行うためノルマに達成させるために一時的に審査基準を緩めていると考えられます。

 

気をつけなければいけないのは比較的に緩い審査を求めるあまりに悪徳業者から借り入れを行ってしまうということは絶対に避けなければなりません。

 

ヤミ金、紹介屋、整理屋などとよばれる悪徳業者は、普通のキャッシング業者を装って返済プランをお手伝いするというようにもっていかせた後に手数料の支払いを要求してきます。

 

違法な弁護士事務所に手を借りたりということもあるため審査が低すぎる業者は高い業者と比較して危険性があるということも考えられます。

 

そこをしっかりと考慮した上でどの消費者金融を選ぶべきかを検討しなければなりません。

 

実際に審査を行った後の金利はもちろん、返済時のサービス内容、また解約時の手続きなどは最低限自身で確認を行っておくようにしておくことが重要です。

 

審査が緩い分、その後の過程にデメリットがはらんでいるということもあります。

 

審査の緩さを大きく視野に入れるのか、それとも返済時の金利の低さを再前提に考えるのかで銀行ローンにするのか、消費者金融のカードローンを選ぶのかが決まってきます。

 

こうしたことを万全に考えたうえでキャッシングを検討しましょう。