オリックス銀行審査はどう?ネットで申し込めるので利用しやすい

オリックス銀行審査はどう?ネットで申し込めるので利用しやすい

オリックス銀行審査はどう?ネットで申し込めるので利用しやすい

去年の9月末なのですが、ある方がオリックス銀行から借りる為の申し込みをしました。そしてその方は、その銀行の申込方法に大きなメリットを感じていらっしゃるようです。

 

この銀行の場合、申込み方法は原則としてインターネットになります。

 

他の金融会社のように、どこかの実店舗で申し込みをする訳ではありません。そのメリットが大きいですよね。

 

というのも以前にその方はある金融会社で申込の手続きをしたのですが、実店舗に足を運ぶ必要がありました。

 

つまり店頭申込のみを行っている会社だったのですね。そしてその金融会社は、ちょっとお店の中に入りづらいと感じたようです。

 

内緒で借りたいと思っていたからです。

 

ところがオリックス銀行の場合は、実店舗に入る必要は無いのです。インターネットだけで申し込みをする事ができる会社なので、誰にも見られる事がありません。

 

それで他の方に対して内緒にする事もできる訳ですから、とても申込みをしやすいと感じていらっしゃった訳ですね。

 

つまりそれがオリックス銀行のメリットの1つと言えます。ご家族の方に内緒で借りたいと考えている方にとっては、オリックス銀行カードローンは良いと思いますね。

 

 

借りる金額が低めでも少ない手数料が適用されるオリックス銀行

 

金融会社の中には、手数料の低さをアピールしている所もあります。手数料は、一般的には年間18%と設定されている事が多いですね。そのような中、14%台や13%台の会社も見られる訳です。確かにそのような会社の場合は、18%台の所に比べれば低めではありますね。

 

しかし実は、それにはちょっと盲点があるのです。

 

一見すると13%台の方が良いように思われますが、借りる金額に左右されるのですね。ある程度まとまった金額で借りる時のみ、その13%台のような手数料が適用される会社も中にはあります。

 

つまり手数料が低めとアピールされていても、実際にはそれほど低く無い事もある訳ですね。

 

ところで去年の9月なのですが、ある方はオリックス銀行の手数料にメリットを感じていらっしゃるのです。その方の場合、少ない金額で借りる時でも手数料が低めなのが良いと思っているようですね。実際その通りで、オリックス銀行の場合は数万円程度借りる時でも、かなり低い手数料が適用されるのです。

 

他の会社と違って手数料がリーズナブルだと感じているので、とても魅力的な商品だと思っていらっしゃるようですね。

 

最大手数料が17%台というのは、一見すると高く見えるかもしれません。しかし実際にオリックス銀行を利用している方は、むしろ他よりもリーズナブルだと感じていらっしゃる訳です。やはり手数料が低めになっているのが、オリックス銀行カードローンの魅力の1つと言えるでしょう。

 

銀行カードローンの在籍確認情報は 審査が不安だけどゆるい銀行キャッシングはある?

審査が緩い銀行としてセブン銀行が挙げられます。セブン銀行は比較的に審査に通過しやすいこと、また在籍確認がないというメリットがあるため利用者の多くがパートアルバイトや専業主婦などの非正規従業員が占めています。実際にはアルバイトが審査に通りにくいことを踏まえると、セブン銀行は多くの利用者が利用することができるカードローンということがいえます。

 

比較的審査に厳しいみずほ銀行や三井住友銀行は、主婦の方であれば旦那様の安定した収入が求められますが、セブン銀行は年収200万未満の独身アルバイトの方であっても利用することが可能です。しかし年収200万円未満の方である場合、他社からの借り入れがあれば審査に落とされる確率は非常に高いため、セブン銀行の審査を受ける前に今現在の時点で他社からの借り入れがないかどうかをしっかり把握しておくことが重要です。比較的審査通過が幅広い職種に対応しているセブン銀行ですが、どの金融機関でも必ず審査をされるポイントがいくつかあります。それは個人信用情報について3つのポイントがあり、それに該当してしまうとブラック状態であると判断されてしまい、セブン銀行だけではなくどの大手金融機関の審査にも通過することができないという状態に陥ってしまうため、注意が必要です。

 

まず一つ目は5年以内に各種ローンやクレジットカード、携帯電話料金などの支払いを3か月以上停滞していたり、強制解約処分を受けたりしているということ、また5年から10年以内に債務整理を行っているかということは確認されます。こうした場合中小金融機関をあたるか、もしくは借り入れをすることができないという選択肢をとることになります。個人の信用情報が確認される理由として、返済能力があるかどうかを見極めるためであるといえます。逆に信用情報に問題があるにもかかわらず無条件に貸し付けを行う業者は危険であると判断しなければなりません。過去の返済遅延や債務整理を行った形跡をきちんと確認する業者であれば借り入れをする側も安心感があります。つまり審査を行う前にまずは自分の信用情報がどのようであるかということをきちんと確かめておくことが賢明です。実際に銀行カードローンと比較すると、消費者金融のカードローンは審査が低くなっており、緩い審査を希望するのであれば消費者金融のカードローンがお勧めといえるでしょう。

 

しかし実際に利用する際に使い勝手がよくなければ不利益を被る可能性もあるため、どの消費者金融がよいか事前に金利などを確認しておくことが大切です。実際にはダイレクトワン、アコム、レディースアイフル中央リーテル、英和、キャネット、セントラルという機関は、大手の金融機関と比較すると審査基準は低いです。しかし審査が緩い分、金利が高く設定されていることを十分に考慮した上で利用しなければなりません。

 

金利が高ければ高いほど利用者は利息を多くつけられるため、金利が低い機関と比べるとデメリットがあります。しかし金利が高いことによって返済不能になった場合であっても、消費者金融はそれまでのもらっていた多額の利息により損失を賄うというシステムがあるため、これにより返済不能が考えられる人物であっても借り入れを提供することが可能であるということが理解できます。

 

つまり、金利が低ければ消費者金融が経済的不利益を被る可能性があるため、審査を強め、確実にかつ継続的に返済を行える人を選んでいるということになります。また、コツとしては審査に申し込む時期も重要で、特に1月、2月頃に申し込むことで審査が緩くなるということもあります。これは3月までに消費者金融が決済を行うためノルマに達成させるために一時的に審査基準を緩めていると考えられます。気をつけなければいけないのは比較的に緩い審査を求めるあまりに悪徳業者から借り入れを行ってしまうということは絶対に避けなければなりません。

 

ヤミ金、紹介屋、整理屋などとよばれる悪徳業者は、普通のキャッシング業者を装って返済プランをお手伝いするというようにもっていかせた後に手数料の支払いを要求してきたり、違法な弁護士事務所に手を借りたりということもあるため審査が低すぎる業者は高い業者と比較して危険性があるということも考えられます。そこをしっかりと考慮した上でどの消費者金融を選ぶべきかを検討しなければなりません。

 

実際に審査を行った後の金利はもちろん、返済時のサービス内容、また解約時の手続きなどは最低限自身で確認を行っておくようにしておくことが重要です。審査が緩い分、その後の過程にデメリットがはらんでいるということもあるので、審査の緩さを大きく視野に入れるのか、それとも返済時の金利の低さを再前提に考えるのかで銀行ローンにするのか、消費者金融のカードローンを選ぶのかが決まってきます。こうしたことを万全に考えたうえでキャッシングを検討しましょう。