mufgニコスカード審査 在籍確認の電話はくる?クレジットカードは職場電話連絡なし?

mufgニコスカード審査 在籍確認の電話はくる?クレジットカードは職場電話連絡なし?

mufgニコスカード審査 在籍確認の電話はくる?クレジットカードは職場電話連絡なし?

 

mufgニコスカード審査 在籍確認の電話はくる?クレジットカードは職場電話連絡なし?
mufgニコスカードは、大手銀行が扱っているキャッシングとして有名になります。

 

このカードの特徴は、比較的若い世代を中心に利用してもらおうとしている点です。

 

一般的なカードが二十歳以上が年齢条件に対してこのカードの場合は18歳以上となっています。

 

しかも30歳ぐらいまでの若い人の加入者が多く審査基準もそこまで厳しくないのが特徴です。

 

とはいえ、カードにもさまざまな種類がありますのでそれぞれの違いを知っておくとよいでしょう。

 

やはりゴールドカードのレベルになると、いくら若い人が中心とはいえある程度収入があるサラリーマンでなければなかなか借りることができません。

 

ですが、そうでなければ比較的簡単にキャッシングを利用することができるでしょう。

 

国際ブランドがありますが、これらを選択することにより翌日にはカードが発行できる仕組みとなっており、急いでカードを作りたい人にとっても魅力的と言えます。

 

審査に必要の年収はどれぐらいになるかといえば、250万円程度と考えておけばよいでしょう。

 

そうだとすれば、平均的なサラリーマンならば普通に借りることができます。

 

会社員でそれ以下の年収の人は少ないですので、会社員はほぼ借りることができると考えて間違いないところです。

 

この点に関しては、ほかのゴールドカードなどよりも審査が甘いことがわかります。

 

では、派遣社員やパートの場合はどのように扱われるかといえば、決してそれだけで審査に通らないわけではありませんがやはりある程度の年収が要求されるところです。

 

10万円程度借りる分には、200万円程度の年収があれば十分と言えます。

 

しかし、50万円から100万円のレベルの場合にはやはり250万円がボーダーラインといえるかもしれません。

 

後は、過去に支払いの遅延がないことが必要になります。

 

例えば、ほかの会社でクレジットカードなどのつくりキャッシングを利用した場合、期限までにお金を返済できなかった場合には問題になります。

 

もちろん、ブラックリストに載るかどうかの話ですので、1カ月や2カ月程度遅延したぐらいではなかなかブラックリストに載りません。

 

そうすると、その程度の問題では審査に影響しないとも言えます。

 

ですが、債務整理などをするレベルになってしまうと、さすがに履歴が残ってしまいますので審査に通らない可能性の方が高いです。

 

ちなみに、債務整理といっても過払い金請求をした場合も債務整理に該当してしまう可能性がありますので注意しなければなりません。

 

過払い金は、完全に返済し終えた後に請求する場合には債務整理に該当しません。

 

ですが、完全に返済する前の段階で請求してしまった場合には債務整理として扱われてしまいます。

 

では、一回債務整理をしてしまったが2度と借りることができないのかといえばそのようなことはないです。

 

審査をするときには、情報信用会社の情報を見ながら判断します。

 

情報信用会社が過去の債務整理の状況などを把握していますので、情報信用会社がどれだけの期間債務整理の情報を保持しているかによって変わってきます。

 

5年程度で情報がなくなってしまうようならば、審査に通るといってよいでしょう。

 

ですが、長年維持を情報が更新されず債務整理の情報が残っているとすれば審査に通ることはまずありません。

 

とはいえ、おおむね7年以上経過すれば情報が消えるとするのが一般的な解釈です。

 

そのため、過去に債務整理をしたとしても7年も経過していれば問題ありません。

 

債務整理の中でも自己破産した場合には10年待たなければいけないこともあります。

 

いずれにしても、10年経過していれば、ほぼ確実に影響はないといってよいでしょう。

 

ただ例外があり、同じ会社内で債務整理などをしてしまった場合は半永久的に借りることはできません。

 

なぜなら、その会社の情報がいつまでも残っているからです。

 

10年経過すれば債務整理をしていても僅差に影響がないとするのは、他社に債務整理をした場合の話しであり自社でした場合にはあきらめるしかありません。

 

後は、在籍確認の電話が重要になります。在籍確認の電話はないのではないかとする意見もある一方で、電話は必ずあるとする考え方もあります。

 

どちらが正しいかといえば、後者の方が正しいと言えるでしょう。基本的に、確認をしないのならばそもそもホームページに在籍確認のことは書かれていないでしょう。

 

在籍確認は、必ず希望者が勤務している会社に電話をかけるようにしています。それ以外の方法でふつうは確認しません。

 

確認の内容は、在籍しているかどうかですので借金をする話しなどは一切出てきません。

 

ですが、電話を受けた方も勘がいい人ならばキャッシングの話しだとわかってしまうものです。

 

いずれにしても、銀行側の方でキャッシングをする話しを勤務先の会社にすることはありません。

 

ただ、電話を受けた人がいそのように察するかどうかは別と言う話です。